フリーマーケットの楽しみ (^O^)

最近町おこし的なフリーマーケットが増えているようで、それに向けて不用品を集めたり商品を製作することが楽しみになっています〔´∇`〕

開催期間を逆算し、それまでに商品を作る。あっという間に時間が流れてしまいます。開催期間当日はまず荷物の搬入、テント設営、品出しと配置をしなければなりません。

商品の配置は店の顔。気合が入らないわけがありません。そして、お客様とのやり取りは売れ筋や流行などの情報が入ってきます。馴染みの方もいて世間話などもするのですが、各地のフリーマーケットの情報や売れ行きを聞くのはかなり重宝できます。

フリーマーケットの醍醐味の一つはやはり値段の付け方でしょう。不用品とはいえ二束三文で売るというのは愚の骨頂。自分が不要でも相手がお宝なんてことはザラです。かといって値段設定を高めにすれば売れ残る、ここの境界が難しい(^_^;)

そして、値引き交渉、ここが強みでもあります。値引きが上手くいかなければ、「追加でこれも買うから~位の値段にならないか?」こういったやり取りで了承させることもあり、値引き手法もいろいろあるんだなと感心させられます。こういった値引き交渉ですが、やはり気分の悪い値引き交渉もあります。

「~の方が安かった」という値引き交渉は量販店では確かに有効なのですが、フリーマーケットの目的はただ売ることではないんであまり好ましくありません。また、自作の商品に対して「こんなの私でも作れる」とか「買わなくても私が作ってあげるよ」とか言うのも良くありません

、作ることは確かにできます。材料費だって商品との差で安く済むかもしれませんが、制作時間について度外視している人がいる。そこのところを考えない無責任な発言は今日のために頑張ってきた人たちに失礼です(?`^´?)

とはいえ、それも含めてフリーマーケットの交渉というのは実に楽しいです。売るだけじゃなく、何か目新しいものを見つけたりと興味が尽きません。興味といえば、自家栽培の野菜を売りに来ている方もいてその野菜がすごくおいしい。

毎年開催されるフリーマーケットではそこで売っている枝豆を買うのがすごく楽しみになっています。顔ぶれが変われば品も変わる。次の開催が待ち遠しいです(?ω?)

 

鯛茶漬け専門店

私は京都に観光しに行った時に鯛茶漬け専門店に行きました。

ここは、タクシーの運転手さんに教えて頂いたお店です。当初は、お客さんもちらほら入っているぐらいで決して繁盛しているお店ではありませんでした。また、ランチでも3000円ぐらいして、そこそこお値段もします。また、個人的に海鮮系はあまり好きではありませんでしたが、タクシーの運転手さんおすすめだったので一度食べてみる事にしました。

店員さんが鯛茶漬けやお漬物や一品が乗ったお膳を運んできてくれ、食べ方の説明をしてくれます。まずは、鯛のみを頂きそして、ごはんと一緒に鯛を食べ、最後に鯛茶漬けを頂くそうです(^ ^)

食べてみると、もちろん鯛はとても新鮮で海鮮より断然肉派の私でしたが、本当に凄く凄く美味しい鯛でした。また、ご飯もおかわりが自由であり、どちらかといえば少食の私ですが何倍もおかわりをするほどとても美味しい鯛茶漬けでした(^ ^)

また、この店の良いところは、鯛茶漬けだけではなく自家製のお漬物も凄く美味しかったです。スーパーで売っているような漬物ではなく、しっかり野菜に味が染み込んでいてご飯に凄くあい何倍でもご飯が食べられる美味しさでした。

家に帰ってからも、あの美味しさが忘れられず作ってみるがやはりあの味つけのマネはできません。お値段は少し高いが行って後悔なし、食べて後悔なしの私のおすすめのお店です。

今現在は、口コミで広まり予約をとるのも苦労するぐらいです。開店前に行っても行列ができており、1.2時間は待つ事もあります。とくに、土日祝日は大変並んでおりだいぶ早めに行っても待つぐらいです。

観光して、行き当たりばったりでお店に入るのも良いが、現地のタクシーの運転手さんに聞く事はとてもいいと思いました。有名なお店だけではなく隠れた名店など知っているからです。今では、鯛茶漬けだけ頂きに京都に行く事もしばしば。京都は沢山観光スポットがあるので、ぜひ京都に行かれた際は立ち寄って欲しいです。